インスピレーションになろう

先導者となり、
まずはやってみよう!

2018-2019年会長
十川 一彦
2018-2019年会長 十川 一彦
2018-2019年会長
十川 一彦

先導者となり、
まずはやってみよう!

国際ロータリー2018-2019年度会長バリー・ラシン氏のテーマは、ロータリアンが「インスピレーションになろう」と提唱しています。これは「我々が直面する課題に創造性を持って対処する意欲を、クラブ、地域社会から力を引き出していく」という意味に解釈しています。

2670地区桑原征一ガバナーはこのテーマを“インスピレーション”とは、動機づける、鼓舞する、精進する等の意味と解し、本年度の地区運営方針を「共に考え、共に行動しよう!」と掲げています。つまり、各クラブの中で、クラブの事業・あり方に対し共に考え、コンセンサスを得たものはメンバー全員で共に行動していく、そして地区とクラブが共に考え、共に行動していく、最後はRI と地区、各クラブとの連携を大事にしていくということです。

徳島東ロータリークラブの今年度方針は「先導者となり、まずはやってみよう!」としました。これは、我々が発起人となり、まずは行動を起こしてみようということです。
そこで、まずはやってみる事は、前年度当クラブは50周年を迎え、その記念事業として高校生奨学金制度を実施いたしました。今年度の発案ではありませんが、当クラブが発起人として地域各クラブに普及していく活動をしていこうと考えています。これは今年度ガバナーが青少年奉仕事業に力を入れていることに準ずると思います。また、ロータリー財団の真髄でもあります。

次に、連携という意味ではクラブの会員増強・親睦も大事であると考えます。
新たな仲間を増やし、在籍会員と共にもっと参加したいと思えるようなクラブ作りをしていきたいと思っています。

徳島東ロータリークラブは半世紀を超え、すでに古参の域に入っています。
古き善きものは継承し、新しき善きものを取り入れて持続発展可能なクラブ作りに会員の皆様のご協力をよろしくお願いします。